武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!

海苔問屋 高喜商店


2016年09月26日

元住吉駅から歩いて10分程の場所に、ちょっと珍しい海苔問屋さんを見つけました。
子供って海苔が大好きですよね。栄養豊富でたくさん食べて欲しいからちょっとのぞいてみました。
お店に入るとたくさんの種類の海苔が並んでいます。

ph1

問屋さんならではでしょうか。枚数がたくさん入っていて、しかもお手頃価格です!

ph2

ph3

何を買おうか迷っていると、五代目の高田久さん、妹の瞳さんが丁寧に接客してくださいました。
五代目!? そう、こちらは、明治34年から続く長い歴史を持った海苔問屋さんなのだそうです!

問屋さんに一般人が買いに来ていいのかな?と少し不安に思っていたのですが、「もちろん大歓迎です。近くに保育園があるので、子育て世代のお母様方がよくいらっしゃいますよ」と久さん。

海苔コンシェルジュを名乗る久さんは、店頭に並ぶたくさんの海苔の違いを教えて下さったり、食べ方の提案もして下さいます。
料理レシピサイト「クックパッド」でも、高喜商店のオリジナルレシピを公開しているそうです。

4

高喜商店では、地元川崎産を中心とした生海苔を漁師さんから仕入れ、店舗併設の自社工場で丁寧に焼き上げています。なんと、神奈川県産の海苔の買い付け高は第1位なんだそう。

神奈川県産の海苔の特徴を伺うと、しっかりとした主張のある海苔で、噛めば噛む程風味が出て旨味成分も濃いそうです。なので、白米との相性がとても良いそう。

焼きたての海苔をこちらでパッケージしているので、新鮮でパリパリの食感が楽しめるのも嬉しいですね。

ph5

ph6

店内にはこんな商品も。「おしゃれCan」! 今までの渋い海苔の缶のイメー
ジとは違っておしゃれですよね。
食卓に置いて絵になるようにと、久さんが考案されたそうです。

ph7

今回、私が購入したのは3品。
「かわさき名産品」にも認定されている「特選焼海苔 雪の華」、おにぎりや細巻きにちょうどいいサイズにカットされた「半切35枚」、ちょっとめずらしい「粉のり」です。
「粉のり」はふりかけに入っているのりのような細かさ。製造元だからこそ提供できる商品だそうです。「納豆とまぜたり、ごはんにかけたり、いろいろと使えますよ」と久さん。100円という価格にも驚きです。

ph8

家に帰って早速、「半切」を使って、1歳児のお弁当に細巻きを作りました。
海苔1枚がちょうど1本分で使いやすかったです。
子供もいつもの海苔より美味しいのがわかるようで、喜んで食べてくれました。

ph9

日本の大切な食文化である海苔の名店。こんなに近くにあると知ったので、これからもちょくちょく買いに来ようと思います!

海苔問屋 高喜商店
川崎市中原区木月4-3-5
TEL:044-411-2339
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜・祝日


おすすめのレポート


武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!