武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!

モンタボー 川崎中原店


2017年02月22日

定番から変わり種まで、食べたいパンがいっぱい!

新丸子西口・イダイモールのパン屋さん「モンタボー」に行って来ました。こちらは、1977年からこの場所にある地元に根付いたお店。私が行った時も、お客さんがひっきりなしに訪れていました。

1

常にアイデアを凝らした商品を提案している全国展開のパン屋さん「モンタボー」の一店で、生地からすべてお店で手づくりしています。季節ごとの新商品を含めて、随時80種類ほどが店頭に並びます。

2

食事パンから菓子パンまで、いつ行ってもたくさんの種類があって、選ぶのが本当に楽しいんです。

3

4

5

お店の方にオススメを聞くと、こちらの「Safuju(サフジュ)」をすすめて下さいました。その名の通り「サクッ フワッ ジュワ」という三つの食感が特長で、人気のパンなのだそう。中に包んだスイス産発酵バター配合マーガリンが焼くときに外側に染み出して、独特の食感を生み出すということです。

6

お店の中を5周ほどして迷った結果、6種類のパンを買って帰りました。

まず、「Safuju」のプレーン(140円)とチーズ(180円)。オーブンで軽く温めて食べたのですが、まさに「サクッ フワッ ジュワ」という新食感にびっくり。バターの香りと、外側にトッピングされた大粒の塩やチーズの塩気の相性が抜群でした。わが家の3歳児も「サ・フ・ジュだねえ!」と、初めての食感を楽しんでいました。

7

「北海道牛乳パン」。シフォンケーキのようなフワッフワの生地はミルクの優しい味がして、子どもにもパパにも大好評でした。

8

「ツナフランスのバジルトマトのせ(200円)」。ツナとバジルの風味、さわやかなトマトの味わいがとっても美味しくて、ジューシーな具とハードで香ばしいパンの相性が抜群でした。特製ツナサラダには玉ねぎやコーンも入っていて、シャキシャキ食感も楽しめます。

9

子どもが大好きな定番の菓子パン。「しっとりチョココロネ(180円)」と「匠クリームパン(160円)」です。チョココロネは、生地もクリームもチョコで、チョコクッキーでふたをしてあるのがかわいい!子どもも「クッキー!」と大喜びでした。クリームパンは、甘すぎないカスタードクリームがたっぷり入っていて、王道の美味しさでした。

10

いつ行っても、定番の美味しさと初めての美味しさに出会えるパン屋さん。これからも、季節毎の新商品などを楽しみに、たびたび訪れたいと思います。

モンタボー 川崎中原店
住所:神奈川県川崎市中原区新丸子町742
TEL:044−711-0177
営業時間:9:00〜20:30
定休日:1月1日、1月2日


おすすめのレポート


武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!