武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!

松下納豆店


2016年01月26日

中原区の「松下納豆店」が、このたび食品衛生功労者として厚生大臣表彰を受賞しました!
これは、食品衛生の普及向上、食品衛生行政に対する協力や業界の指導育成等に功績があった方や優良な食品衛生施設を表彰する制度です。
「松下納豆店」は昭和24年に営業を開始し、創業66年。一貫して納豆製造に取り組み、中原区内はもちろんのこと全国に納豆を出荷していることや、施設設備の衛生管理に熱心に取り組んでいることなどが評価されました。

松下納豆店で製造しているのは「仙台納豆」と呼ばれる納豆です。
初代店主が仙台で製法を学び、川崎で創業しました。
仙台納豆は、近代納豆発祥の地といわれる仙台から全国に広まった納豆で、小粒の豆を弱火で時間をかけて蒸しあげることで生まれる、ふっくらと柔らかな食感が特徴。匂いも少ないため、飽きずに毎日食べられるそうです。

ph01

パッケージはちょっとレトロな雰囲気。写真の「ミニ仙台納豆(50g)」は 1ケース12個入りで380円(税込価格)です。

ph02

開けてみると、中には粒の揃ったきれいな納豆が。確かに独特の匂いが少ないように感じます。
さっそくご飯にのせて食べてみると、噛みごたえがあり、大豆の風味もしっかり残っていて、スーパーで買っている納豆とはひと味もふた味も違いました!

もうひとつの人気商品「調理用蒸し大豆」(800円/2キロ)は、製造方法門外不出のオリジナル商品とのこと。
お店おすすめの食べ方であるヒジキ煮にしていただきました。

ph03

いつもは水煮の大豆を使っているのですが、蒸し大豆は食感も風味もまるで別物!
しっかりした食感があり、噛むほどに凝縮した大豆の旨みが感じられました。
栄養もたっぷりなので、いろいろな料理に応用して食卓に出すことができそうです。

徹底した衛生管理をしながら、昔ながらの味を守り続けている松下納豆店。
地元でつくられているこだわりの納豆を、ぜひ一度味わってみてください。

松下納豆店
川崎市中原区上丸子山王町1-1355
TEL:044-422-3885
定休日:日曜・祝日

http://matsushitanattou.life.coocan.jp/index.html


おすすめのレポート


武蔵小杉エリアの住まい情報ならSUUMO住宅展示場へGO!家族みんなで楽しめるイベント盛り沢山!